ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢の自転車生活

<<   作成日時 : 2009/06/19 12:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今までのジンセイ、「欲しい!」と思った自転車は、ほとんど手に入れてきた。自転車好きにとって値段なんて二の次。衝動買いしないサイクリストなんてボクには信じられない(!?)。しかし、今、心の中から手が出るほど「欲しい〜!」と思っているのに、所有すらできない自転車がある。それが、サーリーのビッグダミーだ。

画像

↑これがビッグダミー。センタースタンドは別売で¥20,790。
MTB並の強度があるので、これでオフロードだって走れてしまう。


なぜ買えないか? 答えは簡単。置く場所がないから。この自転車、なんと全長が約210cmもある。そう、マンション暮らしゆえエレベーターには載せられないし、駐輪場に置いても大幅にはみだしてしまう。ゆえに所有できないのだ。この自転車を手に入れるためには、まず一戸建てに引っ越す必要がある。自転車1台のために数千万円を投資しなければならないのだ。この金額では、さすに衝動買いは無理。悲しい日々が続いている…。

そこに、1日だけ夢をかなえられる企画が浮上した。ビーパル本誌で毎号掲載されているログハウスメーカー『BESS』の記事広告ページの出演依頼だった。

「もし森の中にログハウスを建てたら、何をしたいですか?」
というテーマだ。
その答えはひとつ
「ビッグダミーを買う! そして、仲間とパーティーでしょ」
ってことで、企画もうまく通り、ロケは無事行なわれた。取材のために、モトクロスインターナショナルからビッグダミーの試乗車をお借りした。これは、09年モデルとして登場した完成車仕様。今まではフレーム単体発売だったそうで、完成車にすることで、より買いやすくなっている。とはいえ、価格は¥312,900となかなか。

さらにパーティー用に、オプションで販売されているエクストラサイクル社のフェンダーブレンダーをお借りした。これは、ビッグダミーの荷台部分に取り付け、タイヤの回転を利用してブレンダー(ジューサー)を動かし、ジュースを作るという、なんともばかばかしいエコ・アイテム(¥65,100もする!)。

ビッグダミーの荷台部分は、エクストラサイクル社のアッセンブリーをそのまま使っている。だから、ブレンダーはもちろん、自転車で自転車を運ぶためのキャリアや冷蔵庫を運べる大きなフレームなど、数多くのエクストラサイクル社製のオプションをそのまま取り付けられる。

ログハウスの展示場には、この撮影のために仲間がたくさん集まってくれた。久しぶりに会う皆の笑顔はキラキラ。その中心に、ログハウスとビッグダミーがあった。やっぱりいいなぁ、ビッグダミーを所有できる環境って! 詳しくはビーパル8月号をお楽しみに。

画像

↑荷台の上にブレンダーを取り付けペダルをこいでジュースを作る。
めちゃめちゃ非効率でばかばかしいけど愛らしい。
これ、アメリカ有数の環境先進都市=サンフランシスコの野外フェスでは
もはや欠かせないほどの人気になっているそうだ。


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
夢の自転車生活 ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる