ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS 29+の実力

<<   作成日時 : 2012/08/01 22:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いよいよSURLY JAPAN TOUR 2012がはじまりました。
本日で、北海道ラウンドを終了。
先ほど、本州へ移動してきました。

今回、サーリー・クルーは、全員がニューモデルのクランパスを持参。
ちょっと乗らせてもらったのですが、これがおもしろい。
ファットバイクの安定感と浮遊感、
そして29erのスピード感を融合した痛快バイクに仕上がっていました。

29erのネガであるフルサスペンションとのマッチングの悪さを
まさかのファット化でクリアしてしまう。
なんともサーリーらしさが、表現されていました。
「サーリーは650Bなんて作らないよ」
と言う真意がよく分かりました。

3月の台北ショーで取材した感じだと、
2014年ごろに向けて開発されている
各社の650Bは、その中心がフルサスのレーシングバイクを想定したもので、
こういう流れにのらないところも、なんともサーリーらしいじゃないですか。

スペックは、東京ラウンドのプレミアで発表されます。
8月5日、お時間がある方はぜひ中目黒へ。
詳細は、モトクロスインターナショナルのHPでチェックを。

画像
岩盤の上を流れる川の中でも
強烈なグリップ力を発揮するクランパス(のニュータイヤ)。
前5×後ろ4インチのファットバイクより滑らなかったのは衝撃だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
29+の実力 ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる