ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS SURLY JAPAN TOUR 2012 無事終了

<<   作成日時 : 2012/08/12 15:35   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2年ぶりに来日したサーリークルーの皆様。
今年は、7月末から8月上旬にかけて各地を巡った。

今年上旬の話では、
「昨年発売されたムーンランダーのプロモーションになるだろう」とのことだったが
1ヶ月ほど前に、2013年に向けた新モデルが
今回のツアーに間に合うことが判明。
モデル名は、クランパス。
29×3インチのまったく新しいプラットフォームを与えられたモデルだ。
本国の発表直後に、日本で実車をみられることとなった。

ツアーは、釧路、札幌、名古屋(豊田)、長野、東京を巡った。
今回のツアーは、新型車の特性に合わせて
トレイルをメインに組んだ。

「純粋なファットバイクではないのでは?」との声もあがるなか
釧路では、第2回となるファットバイクミーティングに参加。
「元々クランパスは、ミッドファットとして開発されたモデルなので問題ないでしょ」
ってことで、楽しく参加させていただいた。
想定外の暑さに、皆、バテ気味だったが、
釧路湿原のダイナミックな風景に、感動していた様子だ。

画像

画像

画像

画像

画像

旅っぽさを演出するため、
釧路のイベント終了後、途中、帯広で一泊して
札幌まで陸路で移動した。

画像

画像

そして、札幌では、自転車で川を下った。
ファット系自転車の夏の遊びとして、病み付きになりそうな楽しさだった。
二晩過ごした夜は、スタッフ一同たっぷり飲んだ…。
札幌の夏を堪能した感じだ。

画像

画像

画像

その後、サーリー・クルーは名古屋へ移動。
ぼくは、豊田市で行なわれたトレイルピクニックは欠席。
あとで聞いた話では、彼らは、ここのゆるい雰囲気がかなり気にいっていたようだ。
ここだけ行かれずちょっと後悔。

そして、名古屋からクルマで伊那へ。
高低差1000m、距離約10kmのダウンヒルを楽しめる
トレイルカッターのガイドツアーを貸し切って、
ディーラーの皆様と一緒に走った。
参加者のほとんどがリジッドバイクという
トレイルカッター史上初の珍客だ。
今までフルサスじゃないとダメだと思っていたが、
サーリーならば、リジッドでも全然問題ないことが判明。
じつは、1本目はお客様が乗ってきたスチームローラーと
ぼくが預かっていたクランパスの試乗車を交換して下った…。
まさかあのトレイルをタイヤ幅32Cで下ることになるとは。
でも、これはこれで楽しかった。

画像

画像

伊那で走り終えたあとは東京へ。
東京ではBARENさんのお客様と一緒に東京スカイツリー周辺をポタリング。
翌日は、中目黒でクランパスの発表会を開催した。
じつは発表会といいながら、試乗車もこっそり用意。
来場された方は、何度も何度も乗り比べて試していた。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

あっという間の9日間だった。
自転車と酒と友…。笑いのとまらないツアーだった。
(ごめんなさい。だれよりも楽しんじゃいました)

各地のイベントに参加してくださった皆様、
そして、今回のツアーに協力してくださった皆様に心より感謝いたします。

画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
SURLY JAPAN TOUR 2012 無事終了 ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる