ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS 12.10 宇多津−倉敷

<<   作成日時 : 2012/12/24 16:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

倉敷最終日。
「せっかくなんで、うどんツーリングしませんか?」と
FARMの小田さんにうれしいお誘いをいただき、ほいほいと出かけてきた。

この日も、朝から寒風が強く、瀬戸大橋ではクルマが大きく揺れていた。
JR宇多津駅近くにクルマをおいて、そこから小田さんのガイドで走り出した。

画像
瀬戸内海の島々を眺めながらクルマで香川へ。


小田さんは僕に合わせてサーリーのシングルスピードで登場。
なんでも、FARMさんが初めてサーリーを仕入れた時の1台なんだとか。
ちょっと乗せていただいたが、これがまた調子いいのだ。
しかも小田さんのは29erのカラテモンキー。
がんばってついていった。

画像
右が小田さんの愛車=カラテモンキー。


1軒目は、休日には2時間ほど待つこともあるという有名店。
平日の朝にもかかわらず、けっこうな台数のクルマが停まっていた。
まずは朝食代わりに釜玉うどんを。
ここの麺は、もちもちで生まれてはじめて食べる食感だった。
いきなり感動。

画像


そして、さらにペダルを踏んで2軒目に。
こちらは表通りからちょっと入った畑の裏にある隠れた店。
こちらでは、ノーマルのうどんに出汁を入れていただいた。
やはりうまい。
しかも、前の店とは食感がまるで違う。
またまた驚き。

画像


さらに走って3軒目。
店が繁盛したため、大きな駐車場付きの店舗に引っ越したという
比較的新しそうな店。
丁度、昼前だったのでけっこうな混雑具合だった。
こちらでは、ぶっかけをいただく。
またまた麺の食感が全然違っていた。

画像


有名無名にかかわらず、
いろいろな人から「香川のうどん屋巡りが楽しい」と聞いていたが、
今回走ってみて納得した。
小麦、塩、水しか使わない食材の味や食感にここまで個性を出せるとは。
さすがはうどん県=香川だ。

自転車で走って楽しいルートを通り
しかも美味しいうどん屋さんだけを巡る。
小田さんのガイドは素晴らしすぎた。

なんでもFARMでは、自転車を購入されたお客様を対象に
年に2回うどんツーリングを行なっていて
毎回大盛況なんだとか。
このツーリング目当てにFARMで自転車を買っても損はない! と思う。

今回は、小田さんが店を開けるまでの半日コースを案内していただいたが、
通常は一日かけて6軒ほどまわるそうだ。
倉敷からはクルマで1時間弱。
輪行でも簡単にアクセスできる。
うどん県=香川の味を身近に楽しめる倉敷の方がちょっとうらやましかった。

昼過ぎにFARMに戻り、そこから飛行機の時間まで
美観地区を観光した。
写真を撮ったり、社寺をみたり。
帰りは倉敷駅からバスで輪行して岡山空港へ。
2泊3日の旅は、めちゃめちゃ寒かったけど、
岡山の素敵な皆様のおかげで充実した日々でした。

画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
12.10 宇多津−倉敷 ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる