ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS Drunk with Surlybikes

<<   作成日時 : 2014/03/02 14:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

毎年、冬のミネアポリスを訪問すると
決まってサーリーの連中が賑やかなパーティーを開いてくれる。
ありがたいことだ。
今年は、大雪の影響で開催が危ぶまれたけれど
ブランドマネージャーのピーターがダウンタウンまで送ってくれたおかげで
美味しいビールと料理、そして楽しい時間を過ごすことができた。

画像
ミネソタのローカルブリューSURLYは、かなりうまい。

画像
レストランのトイレに行くと、こんな歓迎のメッセージが描かれていた。
らしいね。

画像
店を出るとジョン・フレックのパグズレイがあった。
冬の嵐の影響で、歩道には除雪された雪がてんこ盛り。
よく見ると埋まっている自転車のハンドルが…。

ま、パーティーの話はこんなところで。
じつは今回、珍しくフロストバイクで公にニューモデルが発表された。

そのひとつがアイスクリームトラック。
これはムーンランダーと同じ、5インチクラスのファットバイクだ。
ムーンランダーとの違いは、リアホイールがオフセットされていないこと。
190mm(12mmスルーアクスル)のハブを使い、普通にセンターが出ている。
フォークはリジッドだが、サスペンション互換の設計に。
なんでも、今後ファットバイクのフロントサスが各社から出るらしく
それを先取りしての設計なんだとか。
試乗はしていないので分からないが、
ハンドリングのキレと剛性アップに注力したモデルなんだとか。

画像
これがアイスクリームトラック。

そして、パグズレイOPSの新色。色はグレー。
画像
数年前まで、サーリーはカラーに無頓着だった。
それを指摘すると怒られるほど頑なに。
しかし、デザイナーでありアーチストのアンディ・ウッズの加入で
最近のサーリーは生まれ変わった。
中間色やこれまでには考えられなかった
鮮やかな色まで上手に使えるブランドになった。

画像
そして、こんなサスペンションバイクまで。
と思ったら、これはカラテモンキーの新型だった。
リアエンドをインスティゲーターと共用にすることで
シマノのシャドーやスラムなどのリア変速機を簡単に取り付けられる。
ヘッドもサスペンション互換なので、このとおり。
カラーは、ロウにクリアオレンジをのせている。

じつは、今、サーリーの開発スタッフには
BMXやダウンヒルをバックボーンに持つ若手が加わっている。
「あれ、これほんとにサーリーなの?」
というようなモデルは、たいてい若手スタッフの手によるもの。
ブランドが成長し、今やアメリカでも強い影響力を持ち始めたため
ある程度の幅が求められているようだ。

(続く)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 31
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
Drunk with Surlybikes ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる