ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS レジェンドBMXレース

<<   作成日時 : 2014/04/07 13:30   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

数ヶ月前のこと。
はるか昔のBMX仲間がツイッターで
「今度、BMXのレジェンドを集めたレースがありますよ」と教えてくれた。
しかも、いまどきのジャンプてんこ盛りのコースではなく
オールドスクールのフラットコースだという。
ならば、とエントリーしてみた。

約30年ほど眠っていたマングースのBMXを掘り起こし、
ばらして保管していたフレームに、
使えそうなパーツを組み付け、なんとか形に。
昔のウェアは行方不明。
これだけが心残りだった。
レース数日前には、iTunesで80'Sミュージックを大量ダウンロード。
耳から気分を昔にシフトした。

画像
フレームとパーツをばらばらにして保管してたので、
3日ほどかけてようやく組みあがったSUPERGOOSE。
もちろんMONGOOSE製。当時はメイドインUSAだった。


そしてレース当日。
東京都の秘境、檜原村の特設コースに
懐かしい顔が集まった。
最初は分からなくても、話をすればすぐに名前と顔が一致。
これはもう同窓会だね。

画像
Photo by Hideyuki Suzuki
集合写真。
一番のレジェンドは
センターの岡本社長(モトクロスインターナショナルの)でしょ。
隣が、このレースの発起人の宮城。


レースは、80年代に選手として走っていた人だけが参加できる。
45歳以下、46歳以上の2クラスに分けて競う。
僕はもちろん最高齢クラスです。

当日は、CYCLE SPEEDWAYというオ−バルレースとの併催で
スポンサーブースもたくさん並び、ギャラリーも多かった。
このレースもかなり熱くておもしろかった。

BMXレースは、
予選3ヒート、準決勝、決勝、上位入賞者によるトロフィーダッシュと続く。

みんな、いい歳なんで
ユルく走るものだろうと思っていたら大間違い。
誰もが、がんがん漕いで、がんがん攻める。
それでも自分はまったり走ろうと思ったら、
スタートからまわりが行くんだよね。先へ先へ。
そこでスイッチが入っちゃって本気モード。
皆様を追い抜き1位でゴール。

「怪我しないように気をつけて」
「無理しないで」
とレース前に人一倍心配されていただけに
ゴールしたあとのギャラリーの盛り上がりは、なかなかだった。
(まあ、引退してから一番時間経ってるからね)

続く予選2本目も1位でゴール。
予選最後の1本は、ゴール前30cmでハリケーン島を追い抜き1位に。
このヒートは2位でも予選は抜けられるけど、なんか負けたくなくてね。

準決勝は、3位以内に入れば決勝に進出できる。
ってことで、ゆるく走って力を温存。
予定通り3位でフィニッシュ。

そして、決勝。
宮城、コウジ、アツシ、ケンちゃん、ノリ、そして自分。
スタートグリッドに入ったとき、この顔ぶれをみて、めちゃめちゃうれしかった。
昔、しのぎを削った仲間ばかり。
30年も経って、まさかこの仲間と一緒に、また
ガチのレースをできるなんて思ってもみなかった。
しいていえば、ハジメちゃん、シモムラ、ジュン、ヤニの顔がなかったのが残念。

決勝レースは、スタートから本気で。
3位ぐらいで1コーナーに入った。
宮城とコウジあたりがインでトップを争っているのが見えた。
僕は密集していない大外を選んでいたので、
このときとばかりにペダリングして、一気に加速。
2コーナーを抜けたところで、宮城とアツシが失速。
(宮城に言わせると僕のアシストをしてくれたんだとか…)

その瞬間に、3コーナーで勝負をかけた。
アウトから入り、出口でインを取り一気に先頭に。
最終コーナーの立ち上がりで、ちょっと滑ったときに
後ろにいたコウジが見えたので、フルパワーでペダリング。
なんと1位でフィニッシュ!
できすぎでしょ。

画像
Photo by Hideyuki Suzuki
決勝1コーナーの様子。僕は3番のプレート。

超うれしかったー!
懐かしい仲間たちと走れたうえに、
日本初のレジェンドBMXレースで勝てたんだから。
しかも、現役の頃よりいいんじゃないかという豪華賞品と素敵なタテまでいただいた。
そこには、ALL JAPAN LEGEND BMX RACEと刻印されてた。
これで、次のレースまで「チャンピオン」と名乗っていいよね?(笑

こんな素敵なイベントを企画してくれた宮城をはじめ、
運営スタッフ、檜原村の皆様、スポンサー企業、メディア関係者、
さらに熱い声援を送ってくれたギャラリーの皆様に大感謝です。
そして、ヒデさん、素敵な写真をありがとうございます!

画像
Photo by Hideyuki Suzuki
表彰式。1番って気持ちいいね。
それにしても、まさかこの歳でBMXのレースに出て勝てるとは…。

画像
こんなにいただいちゃいました。
タテは、木(廃材っぽい)と革でできていた。
しかも裏側のスタンド部分は自転車のスポーク。
センスを感じる!
賞品は、NAUTICAの腕時計。
VANSのシューズ。(しかもサイズがピッタリ)
JBP×MASAGOのツールケース。

ほんとありがとうございました!

それから、日本、いやいや世界のBMXとともに歩んできたMONGOOSEもお忘れなく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
かわいい
レジェンドBMXレース ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる