ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪上試乗会 終了しました

<<   作成日時 : 2015/01/26 16:19   >>

驚いた ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

今年で4年目となったFATBIKE(ファットバイク)雪上試乗会は、
昨日、無事終了しました。

今年も、スノーピーク・ヘッドクォーターズ・キャンプフィールドの特設会場まで
大勢の方にお越しいただきまして、本当にありがとうございました。

12月の豪雪のあと、1月になってからの積雪が少なく
しかもイベント中に晴れ間が出て気温が上昇。
ザラメ状だった雪が解けて、シャーベットのように…。
さすがのファットバイクでも乗って走ることすら難しい
コンディションとなってしまいました。
そんな状況下でも、楽しそうに乗ってくださった
参加者の皆様に心から感謝いたします。

じつは、自分が会場入りした木曜日のコンディションは
過去最高の状態でした。
コースに何も手を入れない状態でも、走行できるほど。
そんな状況で乗っていただきたかったのですが、ほんと心苦しい限りです。
(コース整備を自ら行ってくださった参加者の方にも深く感謝してます!)

それでも、初日のPugsley Raceや二日目の三条グルメライドなど
今年初となる催しも盛況。
今後のイベントプログラム構築のヒントとなりました。

毎年毎年、驚くほど違うコンディションを経験し
我々スタッフも確実に経験値を高めています。
これを糧に、さらに本物のファットバイクの魅力を伝えられたらと思います。

画像
今年のショートコースは、例年の2倍以上の幅を確保。
10〜20m幅のバーンを作り、
自転車に不慣れな方でも簡単に乗れるよう演出しました。

画像
モトクロスインターナショナルが扱う、
ファットバイクのトップブランド、サーリー、サルサに加えて
今年は、マングースとSEバイクスの試乗車も登場。
コース上にバナーを張り、例年よりも賑やかな雰囲気になりました。

画像
それに対して、ロングコースは一挙にハードルをアップ。
乗り慣れた人でも難しい、本格的なスノーシングルトラックを演出。
急な上りと下り、そして連続するタイトコーナーが出現するコースは
ファットバイクの本場であるミネソタと釧路で自分が経験した
最高のトレイルに近いイメージで設計しました。
本場の楽しみ方を体験でき、高い試乗車のポテンシャルを余すとこなく引き出し、
本物のファットバイク・カルチャーの奥深さを皆様と共有することをテーマとしました。
コース幅が狭いのは、そんな意図があったからです。

画像
とはいえ、コースコンディションの悪化を受け、
2日目からは、「SURLY DEATH コース」と改名。
「走れるものなら走ってみろ」的なチャレンジングなコースになっちゃいました。
皆様、見事に転びまくっていましたね。
こんなSURLY的なノリもありかなと?

画像
2日目に開催された「三条グルメライド」のスタートシーン。
サルサ乗りの3名が参加。
会場を飛び出し、近隣のグルメスポットまで、雪景色を見ながらツーリング。
三条名物のカレーラーメンを食べてきたそうです。
仙台でファットバイクを積極的に販売する店「ディメンション」さんのお客様が
わざわざやって来てくれました。

雪上ファットバイクの季節はこれから。
各地で乗れる場所や取り扱いショップも増えているようなので
ぜひ、この新鮮なバイクカルチャーを皆様も楽しんでみてください。
しかし、厳しい自然が相手のスポーツなので、くれぐれも油断せず、
しっかりと準備をして望みましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 17
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
雪上試乗会 終了しました ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる