ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS ふらっと海まで

<<   作成日時 : 2015/04/25 11:07   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

何時まで飲んでたのだろう。
いつもの近所のBARで。
ビール、ビール、そして、お客様が持ち込んだインドのウイスキーをいただき
最後は、いつものメーカーズマーク。
そんなわけで、朝4時に起床するはずも起きられるわけがなく
自宅を出発したのは朝10時を過ぎていた。

できれば三浦半島を一周。
無理なら引き返せばいいし、途中で離脱できるように輪行袋も用意した。
久しぶりのロングライドなので、シングルスピードではなく
変速機の付いたクロスチェックで行くことに。
自宅を出てすぐに風の強さに気づいた。
春特有の南風。ガチの向かい風だ。
市街地を抜け、多摩川河川敷を下流方向へ。
やはりド正面から絶えず風が吹き付ける。
進まない進まない。

画像
↑多摩川河川敷はハナダイコンが満開。きれいな景色を堪能した。

国道15号を横浜方面に行くつもりが
うっかりいつもコストコに行くように産業道路まで走ってしまった。
道間違いも遠回りも良くあることなので気にしない。

横浜南部市場でランチなんて考えていたが、
横浜方面に向かうときには風が南西風になっていたため
思うように距離を稼げず。
早々に子安あたりの焼肉屋でカルビ丼をいただいた。
川崎から横浜にかけて点在する韓国料理屋は
都内では考えられないほどの安い値段で
美味しい料理を食べられる確率が高いのでぜひ。
そして、横浜へ。

画像
↑快晴、風強し。山下公園にて。

横浜では、ミニベロ&フォールディングバイクの専門店『GCS』に寄り道。
ビックリするほどの数のブロンプトンが並んでいた。
聞けばバックオーダーの入荷があり、GW前に納車なんだとか。
それも1台1台丁寧に組みなおして、最高の状態でお渡しするとか。
売れている店には理由があるんだと感心。

画像
↑こちらはGCSの店内。
写真に入っていないところにも大量の新車が置いてあった。

横浜までメシを入れて2時間以上。
ずっと向かい風にさらされていたため三浦半島1周はあきらめた。
ひとまず鎌倉に出ることにした。
その後、強烈な向かい風はやむことがなく鎌倉・材木座海岸に出るまで続いた。

画像
↑風の影響か、材木座海岸に到着すると雲がたれこめてきた。
それでも久しぶりに自走でたどり着いた海の広さは格別だった。

国道134号を茅ヶ崎方面へ。
ようやく追い風。
あっという間に稲村ケ崎へ到着した。

画像
↑稲村ガ崎から江ノ島を眺める。
周囲には、修学旅行生やスケッチを楽しむシニアの方がたくさんいた。

追い風に乗って江ノ島がどんどん大きくなる。
海風が少々べたりとするが、それも心地よし。
潮の香りがなぜかうれしい。
国道の途中で「生しらすあります」ののぼりが南風にひらひら。
ってことで、片瀬江ノ島駅近くの店に入って食べていくことにした。

画像
↑勘で『銀鍋』という店に入ってみた。

店に入るなりご主人らしき品のいいおじさんが
あれやこれやと話かけてきた。
「今日はどこに行ってきたの」というので「自転車で渋谷の近くから来た」といったら
それは驚いてくれた。
話は途切れることなく、あっという間にしらす丼が出来上がった。
生は最高! それにこの店の心温まるような漬物やら焼き魚もあり。
食事を終えると、「疲れているんだからこれ食べな」と
棒のついたキャンディーをくれた。
「水分も取りなさい」とお茶もたっぷり。
こういう人との出会いは旅の充実度を格段にアップしてくれる。
銀鍋のおじさん、ありがとう! お料理も美味しかった。

海辺を離れ、次に藤沢駅を目指した。
サルサ&サーリーのディーラーをしている『マルパソバイク』という店に寄ることに。
駅から近いのにのんびりした雰囲気のある日当たりが良い店。
店主の人柄が現われた様な居心地のいい店だった。
最近はファットバイクをユルく乗る人が増えてきているとか。
今ではレアなデッドストックのサルサのフレームに数点気になるものがあった。
少々立ち話をして、店主の知人がハンドメイドしているという
お洒落なサイクルキャップを買って店を後にした。

画像
↑このゆるい雰囲気が湘南ぽさか?
肩肘張らずに長く楽しく笑顔で乗れる自転車がみつかりそうな店『マルパソバイク』。

時刻は16時過ぎ。
境川サイクリングロードを町田方面に向けて走り出す。
日があるうちに南町田まで走り、輪行して帰るか、
中原街道に出て自走で帰るか、最後まで悩んだ。
が、強烈な追い風の影響で、思いのほか短時間で中原街道との交差点に到着。
いくつかの長い上りがあるのは知っていたが、
まだ足に余裕があったので、自走で帰ることに。

予測はしていたが、序盤の坂の連続は正直こたえた。
だって、鎌倉までずっと向かい風を走ってきたのだから。
疲れたらすぐに休み、無理をしないようペダルを漕いだ。
丸子橋に着いた時には真っ暗だったけど、心の底からホッとした。

画像
↑「やったー東京だ!」
丸子橋を渡れば勝ったようなもの。
この先の上り坂さえいつもより軽く感じた。

20時30分過ぎに自宅に到着。
シャワーに入ったあとのビールが体にしみた。
次はどこに行こうかな?

画像

↑今回は走行ログを簡単にスマホに記録できるSTRAVAというアプリを使ってみた。
じつは、設定が良くわからず帰宅後、初期設定でマイル表示になっていたことを知る。
途中、平均速度をみると「9.8」なんて出ているし、走行距離も思いのほか伸びていない。
じつは自分の遅さにガ〜ンと落ち込みながら走ってきたが、
自宅に帰り、km表示に変更すると、けっこうがんばっていたことがわかった。
走行ルート、平均速度、獲得標高などを簡単に確認できる。
正直、自分の走りを数値化するのは好みではないが
自宅に帰って、その日の旅を振り返るツールとしてはアリかな?

126kmを走り、さすがにBARに飲みに行くほどの体力は残っていなかった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)
ふらっと海まで ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる