ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS 氷の世界へ五たび

<<   作成日時 : 2010/02/14 11:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

初めてミネアポリスを訪ねたのはトリノ・オリンピック開催中だった。考えてみたら、あの氷の世界に、もう5年続けて出かけることになる。最初の旅で出会ったサーリーの開発スタッフ。そして、極太タイヤを履いたパグズレーというモンスターバイク。マイナス30度に迫る森の中を自転車に乗って走るのは、新鮮であると同時に過酷な体験だった。

今年は18日に日本を発つ予定だ。今回は、パグズレーのマイナーチェンジモデルにフォーカスをあてるつもり。フレーム形状、ワイヤーの取り回し、タイヤのパターンなど、細部の仕様変更がすでに発表されている。ああいう自転車ゆえ、温暖な東京のアスファルトの上で試乗しても意味はない。彼らが、どんな意図をもって改造を加えたのかは、彼らが生活する土地で体感するのが一番。

ゴーグル、フェイスマスクなどをスーツケースに仕込んで、極寒の世界へ行ってきます。ほかにも、サルサ、オールシティなど、気になるブランドの最新情報もキャッチする予定。もちろん、現地からレポートを入れますので、お楽しみに!

画像

↑日本では冒険用と紹介されていたが
現地を訪ねて、彼らが主に自分たちの通勤用に開発したことを知った。
ミネアポリスの冬の自転車通勤において
自転車通勤中の故障は死を意味する。
だから彼らは完璧なものを作り出す。
毎日が冒険。
そんな世界で作られた自転車なのだ。

画像

↑パグズレー用に新しいパターンのタイヤも追加された。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
氷の世界へ五たび ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる