BD-1の足跡

現在のフォールディングバイク・ムーブメントの礎を築いたといっても過言ではないr&mブロンプトン。このふたつの革新的な自転車ブランドは、ミズタニ自転車によって輸入販売されている。先日、同社取締役の水谷利之さんを取材するため、都内某所にあるギャラリーMという施設にお邪魔した。

画像

入口を入るとすぐに名車が現われた。

画像

夜になると、まるで洒落たバーのようにライトアップされる。

画像

ギャラリーの前には、こんなブロンズ像も。



ギャラリーMでは、ミズタニ自転車が取り扱ってきたBD-1やブロンプトンのなかでも、歴史に残る名車だけを厳選して展示している。1996年、同社が輸入を開始した最初のBD-1や、本国のスタッフが水谷利之さんの誕生日プレゼントに贈ったという希少なタンデム仕様のBD-1もある。かとおもえば、遊び好きの水谷さんが、趣味で作らせたという漆塗りのBD-1まで。フォールディングバイク・ファンには、よだれがでるような代物がいっぱいだ。

残念ながら現在、この施設は一般公開していない。しかし、ガラス張りのため展示物は外から丸見え。気になる方は、ぜひネットと自分の足を駆使して捜してみよう!


画像

日本に最初に輸入されたBD-1。
最初は、キャリパーブレーキだったのだ。

画像

ロゴも昔のもの。

画像

BD-1をベースにしたタンデムまである!