暑い日はロングテールで

昨日、最高気温30度を越えた東京。湿度も高く、歩くだけで汗が噴き出してくる。こんな日に自転車に乗るとき、背中にバッグを背負うことを“不快”と感じたことはないだろうか?

ボクがロングテールを買った理由のひとつに、高温多湿の日本の気候にロングテールが合っていることに気付いたから。昨年、夏の京都をロングテールで走り、バッグを背負わないで走ることが、どれだけ快適なことかを身を持って体験したのだ。そして、即、ロングテールを購入することになった。

エクストラサイクル社のロングテールバイクの素晴らしさは、サイドバッグに普段使っているデイパックやメッセンジャーバッグを気軽に積めること。ストラップのバックルをワンタッチで外し、バッグを入れてとめるだけ。だから簡単なわりに収まりもいい。なので、ちょっとした買い物の時にも便利に使えるのだ。夏を快適に走りきるためにも、ロングテールライフをはじめてみませんか?


画像

いつもは混み合う公園に人の影もない。
それほど暑く感じる日だった。
そんな日に、背中の暑さや汗による不快感を和らげられるロングテールバイクって
ほんとうに素晴らしい。

画像

普段使っているメッセンジャーバッグを
ポンッ!と気軽に積めるところがうれしい。