ペダルをこいで東西南北

アクセスカウンタ

zoom RSS 紅葉とタイヤテスト

<<   作成日時 : 2010/11/29 11:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

土曜日の話。東京は、風こそ冷たいが、気持ちのいい青空に恵まれた。そこで、昼前に自転車に乗って出かけた。

最初に立ち寄った世田谷の豪徳寺は、今が紅葉の見ごろ。毎年、紅葉を見に訪れる大好きな場所のひとつ。自転車で行ける近場に、こんな素晴らしい場所があることをうれしく思う。

画像


そこから、多摩川河川敷へ出て、仲間のサッカーの試合を観たあと、未舗装路を選んでゴトゴトと走ってみた。そう、新調したタイヤの試走なのだ。

新しいタイヤは、ドイツのコンチネンタルというブランド製。未舗装路を使った自転車レース=シクロクロス用のもの。1本350gと驚くほど軽く、表面には「これで大丈夫?」と思えるほど、浅く小さなパターンが刻まれている。

しかし、実際に走りだすと、このタイヤが素晴らしいのなんの。前へ前へと進む進む。それも軽々と。よく転がるタイヤというのが第一印象だ。そして、タイヤ自体の形状がしっかりしているようで、タイヤの剛性感が高く、この影響で直進安定性が驚くほど高くなっている。しかも体重を傾けると、瞬時にカーブを切り出し、また体重を戻すと、素早く直進体勢に戻れる。ほとんど感覚的な部分で、実際には0.01秒とかの世界の差なんだろうけど、この少しのコントロール性の違いが、どれだけ気分を良くしてくれるものか。

心配していた未舗装路でのグリップ性能も悪くない。タイヤ自体がかなり薄いので、乗り心地も悪そうにみえた。しかし、実際には予想に反して、かなりコンフォートな印象。しっかりとしたケーシングに、最新のコンパウンド。高級タイヤの走りを一度知ってしまうと、廉価のものにはもう戻れない。まんまと落とし穴にはまってしまったようだ…。

画像


コンチネンタル/シクロクロスレース 700×35C 4830円(1本)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
紅葉とタイヤテスト ペダルをこいで東西南北/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる