吉祥寺ぽたり散策

桜の名所として知られる井の頭恩賜公園をスタートし、吉祥寺(東京都武蔵野市)をぷらぷら。もちろん、歩きではなく自転車で。じつは吉祥寺は、日本屈指の自転車で走りにくい街でもある。細い道が入り組み、魅力的な店がたくさんあるため、観光客も地元の方もわさわさ。しかし、そんな街でも、混み合う道を外せばなかなかのポタリングルートになるのだ。

井の頭恩賜公園で桜や湧水を眺めたら、中道通りを西へ。吉祥寺西公園前にあるカフェはらっぱでドーナッツとドリンクをテイクアウトして公園で休憩。近くにある旅自転車専門店ベロクラフトを覗き、成蹊大学横のケヤキ並木を通り、武蔵野陸上競技場を通りぬけたら東へ。するとすぐに小さな畑と直売所がある。この畑には、ウドの室もあり、季節ごとの吉祥寺野菜を買える。青葉小路、宮本小路を経由し、JRをくぐり末広通りへ。二丁目SOZAIでメッチャ美味しいオニギリをいただいたら、道具屋さんのつみ草へ。作家物の陶器や、鉄瓶、篭など、日本の匠による作品を買える。そして、井の頭恩賜公園でゴール。

なんて文字で書いただけでは分かりにくいと思うので、ぜひぜひ、この情報をレポートした『吉祥寺本』(3月29日発売・えい出版社・980円)をご覧下さいね。

画像

つみ草で気になった、別府で手作りされた篭。

画像

田中さんの直売所は朝9時ごろから採れたて野菜が並ぶ。

画像

井の頭恩賜公園の池は、美しい湧水が流れ込んでいる。

画像

吉祥寺は、自転車の放置に厳しい町。
放置するとすぐに撤去されるので、目が届かないところに置かないように。
公園のトイレに行った隙にも、このとおり。

画像

こんな表紙の雑誌で2ページの記事になってます。ぜひ!