ランニングボード

久しぶりにロングテールバイクねたです。

画像


本日、初めてエクストラサイクルのランニングボードを使ってみました。
ワイドローダーよりも幅が狭いこと、
白木(樺らしい)でやさしい雰囲気になるのが特徴です。

実際に装着する際は、やや工作精度が低いのか
アーレンキーを使ってネジを緩め、ポールをルーズにした状態にしないと
うまく入りませんでした。
まあロングテールバイクに乗る方は、
このくらいの手間を楽しみと感じられる方が多いと思うので
許容範囲でしょう。

実際に取り付けて走ってみましたが、
ほとんど存在が気になりません。
ワイドローダーと数センチの違いですが、
どちらかというと、何もつけていないノーマルに近い感覚で走れました。

今日は週末に使うキャンプ道具を入れた段ボール(幅20cm)を
近所の宅配業者の営業所まで運んでみました。

画像


画像


画像


ボードの部分には、数箇所、穴が空いているので
荷物固定用のストラップはここを通しました。
荷物を積んだ時の安定感も問題なし。

ただし、ランニングボードから数センチ、荷物がはみ出していたので
その分を考えずに走ったため、2度ほどガードレールにぶつかりました。
原因は、油断ですね。
そう、荷物を積んじゃえばワイドローダーもランニングボードも同じです。
十分に気をつけなければいけません。反省。

荷物を積んでいない時にこそ、その差が出るのでした。

これからしばらく、右側だけは付けっぱなしでテストしてみます。
慣れてきたら両方付けっぱなしにする予定。

エクストラサイクル ランニングボードは、19950円。詳細は、こちらで。
ちなみにワイドローダーは11550円です。情報はこちら

取り付け方は、以下のムービーを参考に。アーレンキーは必須です。

RunningBoards & LT Footsies Installation Instructions