マウンテンバイクの革命かも?

固定概念を消し去れ。
自らの殻を破る力がある人だけ読んでほしい。
ここから先は、想像力のない古い頭の人間には到底理解できない話だから。

一言で言うならば、革命。
今までのあらゆるマウンテンバイクの常識を
この自転車は、いとも簡単に打ち消してしまった。

砂利が浮いたグラベルから、ルーツが張り巡らされたシングルトラックまで。
この自転車ほど、あらゆる場面で
最高のトラクションとグリップを体感できるマウンテンバイクを僕は知らない。
30年ぐらいしか乗ってない浅い経験値だけどね。

画像

その自転車がこれ。
SURLY INSTIGATOR 2.0 だ。

まあ、すべてのSURLYと同じように
普通の感覚の人がみたら、まず疑うよね。「なんじゃこれ」って。
そして、「重そう」とか「走らなそう」とか。
自分の頭の中にある知識を
フル回転させて出てくる言葉がそんなもんしかないんだろうね。
ぷぷっ(笑

だいたいSURLYの自転車っていうのは、そんな感じ。
一見さんが入りづらいBARみたいなもん。
中身はすごいちゃんとしているのに、
誰もが簡単に入れないよう計算して見た目を崩しているのだから。

で、実際にこの自転車を持ち上げると、たしかに重い。
しかも50mm幅のリムに、幅約3インチのタイヤを履かせているため
タイヤの断面形状は■。こんな感じ。

画像

画像

じつは、この自転車の走行性能の秘密は
ほとんど、このリムとタイヤによるもの。
(じつは空気圧の設定が肝で、
 自分の印象では20~25PSIがいい感じだった)

今までのマウンテンバイクは、細いリムに太いタイヤを履いていたため
どんなに高性能なサスペンションを搭載しても
最後の最後に、タイヤが負けてしまう。
フニャとして、ズルっと逃げる感じ。
あの不快感はないよね。
まあ、トップライダーは、それを計算して力の配分を考え、
乗りこなす楽しみを見出しているんだろうけど。

努力して突き詰める方法もある。
でも仕事して仲間と酒呑んでって時間も大切じゃない。
練習とか努力なしに、乗った瞬間から100%楽しめちゃう。
そんなマウンテンバイクがあったら、皆、乗りたいでしょ。
答は、そこにあるんです。

あなたはINSTIGATORを買えばいいのです。
迷っている時間なんてないのです。

画像

ちょっと技術的なことを話すと
このヨーク(BBの後ろんところ)がけっこうすごいんだよね。

SURLYのフレームは、全車4130クロモリスチールでできていることは
このブログをみてくれている人なら、当然知っているよね?
彼らが、この素材を選ぶのは、安くて、丈夫、そしてなにより、長寿命だから。

しかし、アルミやカーボンのような加工技術が発達していない
いわば取り残されてしまったような素材だけに
ここを乗り越えるのに、相当な苦労があったようだ。

アルミのハイドロフォーミングのような技術を使い、
上下2ピースの薄いパーツを成型。
それを溶接して作ったのが、このヨークだ。
これのおかげで、リア三角の剛性が格段にアップ。
さらにリアセンター間を短くすることができた。

この太くて強烈に接地力の高いタイヤを
クロモリフレームで支えるには
こういう構造にするしかない、と彼らは考えたのだ。

画像
そして、もうひとつ。このエンドプレートが秀逸だ。
完成車には、シマノのシャドウに対応した12mmスルーアクスルバージョンが付属。
このほかにオプションで9mmQR用、
シングルスピード対応の2種類のプレートが用意されている。
(フレーム売りには、3枚がセットされる)

SURLYのブランドコンセプトに「多様性」というのがあるんだけど
こんなマウンテンバイクでも、それを実現するかたくなさがたまらない。

ファットバイクがそうであったように
この自転車もサスペンションに対するアンチ(NO)という意図も見て取れる。
面倒なセッティングや、頻繁に必要となるメンテナンス。
そのうえ、ものの2~3年で補修パーツがメーカー在庫から消えるリスク。

彼らはサイクリストとして、そういった自転車業界の身勝手さにNOと言っているのだ。

機械的なリアサスペンションを搭載せずに
同等かそれ以上の走りを実現する。
その答が、26+というプラットフォームだったのだ。
(50mmリム+3インチタイヤ=外形が27.5と一緒みたいな)

ソフトなコンパウンドと、圧倒的な空気量。
そして、しなやかさがあるクロモリフレーム。
ローテクなんだけど、使いようによってはハイテクをうわまわれる。
そんな痛快さもこの自転車は兼ね備えているのだ。

まあ、長々と書いてしまったが、答は簡単。

 乗れば分かる。

 乗らなければ分からない。

ってこと。

たぶん試乗車は埼玉県和光市のタカヤマサイクル和光店にあるので
気になる方は、コンタクトしてみてね。

で、このINSTIGATORっていうネーミングは、
「故意にトラブルを仕掛ける人」「火付け役」という意味があるらしい。
ちょっとやばい感じかな。

画像

画像

完成車の価格は、35万円ぐらい。
この自転車は初期のテスト車なのでホワイトのフロントサスがついてるけど
販売モデルはFOXになる。27.5のフォークと互換性あり。

正直、お安くないけど、それほど維持費がかからず
長く楽しく乗れることを考えたら、
同クラスのフルサスを選ぶより賢い選択ではないかな?
衰えた体力、テクニックをカバーしてくれるし
初心者でもきっと安心してトレイルライドを満喫できると思うよ。

異次元のグリップ力とトラクションを備えたこのバイクで
ガンガンコーナーを攻めて、バンバン飛んで
非日常的なトレイル遊びを気軽に楽しもうよ。最高だよ!
いやー、トレイル行きたいなー!