テーマ:新製品

リンプロさんの展示会

先週、旅やアーバンライドに丁度良い 自転車ウェアやグッズを発売する『リンプロジェクト』の展示会に出かけてきた。 天気も良かったので、台東区のショップまで自転車でスイスイっと。 たまたまほかの来場者がいないタイミングだったので 社長やスタッフの方と自転車談話を楽しんだ。 このブランドが年齢や自転車の経験値に関係なく広く愛され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Other Good Products

ここまで紹介した3ブランドに加えて、 その他、気になった新製品を紹介しよう。 以下は、すべてQBP傘下のブランドの製品。 ウイスキーというなんともくすぐるネーミングのパーツブランドから2点。 まずはSALSA FARGOのコンセプトを踏襲したカーボンフォーク。 FARGOに乗っていて「フォークがちょっと硬いよね」と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファットバイクはどこへ

先日、サーリー&サルサの親会社であるQBPの招待を受け ユタ州で開催されたサドルドライブというイベントに参加した。 これはQBPのニューモデルの発表と試乗会を兼ねたイベントで 2014年モデルが正式に発表される場所。 サーリーは新たに3機種を投入。 サルサは、ブランドマネージャーの変更に伴い 全車新しいグラフィックで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

29+というプラットフォーム

ちょっと時間が経ってしまったが、今年2月にミネソタに行き サーリーの開発者から仕入れた情報を少々紹介しよう。 まず、いよいよ日本で発売開始されたクランパスについて。 サーリーは、このモデルで初めて採用した 29×3インチタイヤと幅50mmのリムを組み合わせた自転車を 『29+』と呼ぶ。 これは単なるタイヤやリムのサイズで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コゼさんのフレームバッグ

京都でサイクリストのためのハンドメイドバッグを こつこつと作っているコゼバッグ。 毎年恒例となった東京受注会がスタートした。 12月5日には、代官山にあるお洒落なサイクルショップ=ポタベルフィーゴさんの ショップインイベントとしてコゼさんの展示が行なわれた。 前々から気になっていたオーダーメイドのフレームバッグのサンプルが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレイル三昧

サルサ/ベアグリースをお借りしてから 結局3日間連続でトレイルライディングを楽しんだ。 距離にして100km以上。 このファットバイクの素晴らしさを堪能した。 軽々坂を上り、ダイナミックに下れる。 しかも、普通のフルサスマウンテンバイクよりも簡単に。 革命的な自転車なんじゃないかな。これ。 3日目にガイドをしてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルサ・ベアグリース・テストライド

サイクルモード、そして、ビーパル1月号の撮影の際に ちょこっとだけ乗ったサルサの新しいファットバイク=ベアグリース。 (「熊脂」って意味なのかな?) とにかく走りが軽いのだ。しかもグラフィックも好みだし。 これはしっかり乗りこまなくてはならない。 と勝手に思い込み、無理を言って輸入元の お馴染みモトクロスインターナショナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

29+の実力

いよいよSURLY JAPAN TOUR 2012がはじまりました。 本日で、北海道ラウンドを終了。 先ほど、本州へ移動してきました。 今回、サーリー・クルーは、全員がニューモデルのクランパスを持参。 ちょっと乗らせてもらったのですが、これがおもしろい。 ファットバイクの安定感と浮遊感、 そして29erのスピード感を融合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SURLY TOUR 2012

およそ2年ぶりにサーリー・クルーが来日します。 今回は、7月28~29日に釧路で開催される『ファットバイクミーティング』に参加。 その後、札幌、名古屋(豊田)、長野、を経由して東京へ。 東京では、2013年モデルとして新登場する『KRAMPUS』の プレミア発表会を開催予定。 サーリーが掲げる「ファティーズ・フィット・ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ランニングボード

久しぶりにロングテールバイクねたです。 本日、初めてエクストラサイクルのランニングボードを使ってみました。 ワイドローダーよりも幅が狭いこと、 白木(樺らしい)でやさしい雰囲気になるのが特徴です。 実際に装着する際は、やや工作精度が低いのか アーレンキーを使ってネジを緩め、ポールをルーズにした状態にしないと …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビーパル31周年記念号

6月10日が週末に掛かるため、 いつもより2日早く6月8日に発売された『BE-PAL』7月号。 今号は、創刊31周年ということで、素敵なおまけが付く。 付録は、こんなカラビナ型のワインオープナーがひとつ。 特集の中には、アウトドアでワインを楽しむ魅力、飲むべきワインについて 著名人が語る気になる記事もあり。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大人専用サイクルウェア

ようやく日本に入荷した。 それは、昨秋のインターバイクの会場でのこと。 「休日に自転車に乗ったあとに、そのままカフェやレストランに入って 妻と食事をしても違和感がないデザイン。 そんな大人のライディングウェアが欲しかったんだ」 と『Club Ride』のオーナーでありデザイナーのMike Herlingerは話した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

使えるフレームバッグ

以前から気になっていた『レベレイト・デザイン』のバッグが、 日本でも簡単に買えるようになった。 SSJの主催者として知られる北澤肯さんが輸入を開始したのだ。 そこで早速オーダーしてみた。 (在庫があったのか、なんと発注の翌日に届いた) 僕が買ったのは、サーリー/クロスチェックに取り付けるフレームバッグ、 そして、今年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台北サイクルショー

昨年に続き、今年も台北サイクルショーに出かけてきた。 このショーは、自転車業界の人に向けたビジネスショーで しかも、表立って最新の商品は展示されない。 とはいえ、そこは世界の自転車産業の中心地=台湾。 このショーを口実に集まった世界中の自転車関係者が、 こそこそと会議室や近隣のホテルに集まり、 翌年に発売されるサンプルを目の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SURLY 2012 カタログの秘密

ふと机の横に置いてあったサーリーの2012年版カタログをみてびっくり。 ちょっとしたトリックが隠されていたことを発見したのだ。 この画像を180度回転させて(上下を反転して)みてください。 すると…。 秘密の正体は、ココをクリックしてみてね。 これは新しく入ったグラフィック・デザイナーのアンディさんの作品だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モノマチ×TOKYOBIKE

「徒蔵」と書いて「かちくら」と読む。 これは、台東区御徒町と蔵前の町名をあわせた造語なんだとか。 このエリアには、皮革、衣料、硝子、玩具、花火など、 様々な手づくりの職人たちが、今もMADE IN TOKYOの製品を作り続けている。 そして今、台東区は区をあげて、 若手のデザイナーやアーチストを積極的に誘致し 職人、デザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SALSA 29er 2012モデル

今日は、9月にラスベガスで開催された 北米最大の自転車ショー「インターバイク」で取材した話を少々。 今回は、2012年に向け、モデルチェンジが多かった サルサの"29er"に絞って紹介する。 (注:29erは、「トゥナイナー」ではなく、「トゥエンティナイナー」って読みます) 日本でも、ようやく活気をみせてきた29erの市場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女性向きスポーティー電動アシスト自転車

都内で、ヤマハ発動機による電動アシスト自転車の試乗会が行われた。 今回は、スポーティーモデルの「PASブレースL」と、 「PASヴィエンタ」の2車種。 PASブレースLは、主に男性をターゲットにしたスポーティー・モデル。 ブレースと同様の内装8段変速、フロント・サスペンションに加え フロントディスクブレーキ、マルチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカ旅の必需品

アメリカは、変わった。 薄いコーヒーも、軽いビールも、今は昔。 スターバックスより美味しいコーヒーは、どこの町でも普通に飲めるし ビールも主流は、濃厚な地ビールに変わりつつある。 相変わらず、「アメリカのメシはまずい」という人もいるが たぶん、それは自分が知っている看板の店を 相変わらず同じように訪ねているからだと思う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TOKYOBIKEのミニベロ登場!

昨年のシドニー直営店のオープンに続き 今年6月には、ロンドン(2ヶ月限定)、 ベルリンにも直営店をオープンしたTOKYOBIKE。 今、もっとも勢いのある日本の自転車ブランドだ。 TOKYOBIKEスタッフに 海外で評価されている理由を聞くと まずTOKYOBIKEという分かりやすいネーミングが 「クール!」と話題を呼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リフレクター

ぼくの自転車=サーリーは、友人からいただいたステッカーを ところかまわずベタベタと貼ってある。 最近では、もう貼るスペースを探すのに苦労するほどだ。 そして、先日、旧い友人から洒落たステッカーをいただいた。 なんと、光があたると反射する素材で作られている。 節電の影響で、今の東京の夜は暗い。 赤色のフラッシュライトと組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more