テーマ:トレンド

All City

今回は、ブログ休止中にアメリカで取材したネタを少々。 ソースは、2月にミネソタ州で行なわれたフロストバイクという展示会取材より。 ミネアポリス仕様のフィクスドバイク。 冬季、この街では、雪を溶かすための薬剤が容赦なく道路に散布される。 これが強烈で、自転車の変速機につくと故障の原因となる。 そこで、故障しないフィクスド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年の夢

今年最後の書き込みをどうするか、いろいろ考えてみた。 乗った自転車のこと、出かけた場所、出会った人たちの笑顔など。 またしても楽しい自転車ライフを満喫した良き1年だった。 そして、来年に向け、ひとつの思いが浮かび上がった。 そう2011年は、あらためて26インチホイールの自転車に注目しようと思う。 各社が29インチのMTBをリリース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイクルモードいよいよ

日本最大のコンシューマー向けの自転車ショー『サイクルモード・インターナショナル2010』が、本日開幕する。このショーに合わせて、エクストラサイクルからロス・エヴァンスとネイト・バイヤリーも来日中。5日(金)、6日(土)はモトクロスインターナショナル・ブースへ。 また、ロンググテールバイクの歴史や、知られざるエピソードを伝えるプレゼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内装11段変速 試乗速報

シマノが発表した新型内装11段変速機=アルフィーネ(11S)のプレス向け試乗会に出かけた。 『For Sporty and Fashionable Cycling』 スポーティーでファッショナブルなサイクリングを! アルフィーネは、そんなテーマで開発された。従来のネクサス・シリーズが、欧州で主流のトレッキングバイクなど、どちらかといえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野辺山シクロクロスいよいよ開催!

いよいよ今週末。10月30日(土)~31日(日)の二日間にわたり、日本最大級のシクロクロスレースが開催される。 シクロクロスは、元々ロードレースのトレーニングとして、欧州ではじまった。MTBレースよりも歴史が古く、使われるレース機材も、ロードバイクに近いシンプルなもの。シクロクロスは、競技としてすっかり定着している欧州に加え、近年、ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GIANTからスポーツ電動アシスト車が登場

本日は、ニュースをひとつ。高品質&低価格でスポーツ自転車を提供するジャイアントから、日本の厳しい規制に適合した電動アシスト自転車が登場する。欧州、北米の自転車市場では、今年になって電動アシストの勢いが加速。シマノやボッシュまでが電動アシストユニットの開発に着手したことを発表し、話題を巻き起こしている。 今回発表されたジャイアント CR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

街乗りに! スコット最新情報

スコットの2011年展示会に出かけてきた。街乗り用として人気の高いクロスバイク=SUBシリーズや、エントリー層に向けた10万円未満のロードバイクが、引き続き充実している。 SUBシリーズのイメージを踏襲したポップで着心地のいい街用のサイクル・ウェアも同時に発表された。メッセンジャーや都市部を走る女子の間で人気のレギンス+パンツという今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

So sexy !

昨日に続きインターバイク・ショーから。朝から数々のブースを巡り、写真を撮ったり話をきいたりした。そのなかから、「セクシー」と感じたプロダクトを紹介する。このショーの楽しいところは、サイクリストの目線によって、注目するポイントが大きく変わること。マウンテンバイクのレーシング・エクイップメントだったり、電動アシストだったり、アパレルだったり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカの自転車ショーに潜入

昨年に続き、今年もラスベガスで開催されている 自転車のトレードショー『インターバイク』にやってきた。 今日も朝から夕方まで、会場をめいっぱい歩いてみた。 サーリー、サルサからは新製品がどっさり登場。 ネットではまだ紹介されていない物まで発表された。 その他、今年もおもしろい自転車、新しいトレンドをしっかりとみつけた。 まだ会期中なので…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ルイガノの2011年モデル

都市部で根強い人気を誇るスポーツバイクブランド『ルイガノ』。そして、洗練された都市生活者に向けて発進している少しゆるめの『ビーオール』。これらのブランドを販売するアキコーポレーションの2011年モデル展示会に出かけた。さすがは、お洒落系。展示会会場は、品川のホテル内にある宴会場。エントランスから一歩入った瞬間に高級感が漂っていた。「ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シマノの2011年展示会

スポーツ自転車には、もはやなくてはならないシマノのコンポーネント(変速機、ブレーキなどの主要パーツ群)。その2011年モデルの発表会に出かけてきた。すでに自転車専門誌でも発表されているように、ロードバイク系の105やMTB系のSLXがリア10段変速に変更され、より繊細なギアセレクトが可能になっている。またハイエンドでは、MTB用のXTR…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

TREKの2011年モデル

今や80カ国以上で販売されている世界最大級のスポーツ自転車専門ブランド=トレック。その2011年モデルが早くも発表された。円高の影響もあってか、全体に価格が引き下げられている印象だ。 たとえばクロスバイクのなかでも人気の高い7.5FXは、快適性能がアップしたにもかかわらず105000円から96000円と、9000円も買いやすくなった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GIANTの2011年モデル

手ごろな価格帯のライトスポーツ・モデルから、本気で戦うトップ・カテゴリーのレーシング・モデルまで、フルラインアップを揃えるジャイアントの2011年モデルの発表会に出かけた。 注目は、同社ではじめての女性専用ライン「Liv/giant」を加えたこと。カジュアルなクロスバイクと、スタイリッシュなロードバイクを中心に、4モデルを展開。700…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルナイロンの自転車バッグが欲しい!

前回に続き、アメリカ・ミネソタで開催された自転車ショーのレポート。今回は、自転車で出かける旅や、日常的な自転車用の最新グッズについて報告しよう。小さな規模のショーなので、正直、グッズについてはあまり期待していなかった。ところが、今すぐ欲しい! って思うものがいくつもあった。アメリカのサイクリスト、いや、自転車関連メーカーの勢いをあらため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次なる自転車トレンドを追って

少々時間が経ってしまったが、アメリカ取材のレポートをしよう。今回は、ミネソタ州に本拠地を構えるアメリカ最大のスポーツ自転車専門卸問屋『QBP(クオリティ・バイク・プロダクツ)』が、年に1回開催しているディーラー向けの展示会『Frostbike(フロストバイク)』に潜入した。 このショーには、自社ブランドのサルサ、サーリー、オールシティ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロングテールバイクが、じわっときてます

先日、日経MJの編集者から連絡をいただいた。「ロングテールバイクの特集記事を書きたいのですが、お話を聞かせてください」という内容。日本を代表する経済紙がロングテールバイクを取り上げるなんて、時代は変わったもんだな…、と感じた。と同時に、マーケットの動きをいち早く察知する日経MJ編集部の早耳情報を拾うセンサーの敏感さにも興味を持った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイクルモード

つまらないショーだった。というのも、これといった新しい提案が、ほとんどなかったから…。 12月11日~13日に、幕張メッセで開催されたサイクルモード2009に出かけてみた。3日間の入場者数は、わずか37610人。自転車ブームという言葉からは想像もつかないほど少ない。浦和レッズの1試合平均入場者数を軽がる下回るのだから。マスコミに取り上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夢のある自転車

現在、幕張メッセ(千葉県)で開催中の『東京モーターショー2009』に出かけてみた。規模は前回の約半分。海外ブランドの出展は2社のみ。国産自動車メーカーのブースも、夢のあるコンセプトカーは少なく、ほとんどが市販車だった。おかげで会場内は空いているし、歩く距離も短く例年になくみやすいショーだった。 そんな会場で一番印象に残ったのがヤマ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2011年、東京に“自転車バス”が誕生する

2011年春。東京に新しい都市交通の形が生まれる。それも、人力を主とした、排気ガスを出さないクリーンな乗り物で…。 『PEDI LINE』と名づけられた新しい交通網は、2011年春に東京・丸の内エリアで開業を目指している。運営は、現在、全国21都市で110台ものVELOTAXI(自転車タクシー)の運行を実施しているNPO(環境共生都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未来の自転車みつけた

9月から10月にかけて、自転車業界は一斉に来シーズンに向けた新製品を発表する。各社の展示会をまわり、一番、気になった自転車がトレックの『ベルヴィル』だ。レトロな街乗り自転車を髣髴とさせるシックなデザインが、まず印象に残った。実用的なラックを標準装備し、最新の自転車界のトレンドをつかんでいる。しかも、ラックやハンドルまで、穏やかで調和のと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2010年 自転車トレンド

今年2月にインディアナポリスで開催されたNAHBS(北米ハンドメイドバイクショー)で、スタイリッシュなコミューターバイクが、ごっそり発表された。 スポーティーに走れることを大前提に カラーや造形的な美しさに趣向を凝らしたラックやバッグが搭載されている。 そんな自転車に、少なからず勢いを感じた。 そして、この9月、ラスベガスで開催された…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ラスベガスより

ただいまラスベガスにいます。 北米最大の自転車ショー「インターバイク」を取材するため。 2010年モデルが早くもずらり。 来年に向けてのトレンドは、荷物をかっこよく積める自転車とバッグ。 スポーティーな走りができるのはあたりまえ。 それでいて、きっちりスタイリッシュに荷物を積めるかどうかが評価の分かれ目になる。 今年2月に行われた北米…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新MTBホイールを履き比べ

自転車のホイールの試乗会に参加した。近年、自転車のホイールは、メーカーが組み立て販売する『完組み』というスタイルが増えている。今までのように店のスタッフがスポークやリムから組み立てる手間を省き、ユーザーにとっては一定の品質を決まった価格で購入できるメリットがある。さらに、リム、スポーク、ハブ、ネジ類までをトータルでデザインすることで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北欧生まれのデザイン自転車

デンマークから新しいブランド『VIVO』がやってきた。街乗りをエレガントに楽しむため、シンプルながら、デザインに特徴をもたせた8モデルを取り揃えている。 展示会の会場で、もっともお洒落だなと感じたのが『デュロ』。メインフレームに2本の細いチューブを並列に使うことで、繊細かつ個性的に仕上げている。しかも、ステムやラグなど細部の造形にひと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セレブの自転車

今、アメリカで最先端の自転車といえば、荷物を積める自転車だ。普段、ビジネスで使っているバッグを積んで通勤したり、セレブのお洒落バッグを傷つけることなく載せられたり、自慢のエコバッグも気軽に積める…。そんなスタイリッシュな自転車が次々に発表されている。しかも、その多くが高級車。1500ドル以上はあたり前、5000ドルを越えるような価格のも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイオボトル

先日、アメリカ滞在中に、ショーの会場でサンプルのサイクリングボトルをいただいた。ただのプロモーショングッズだと思ったが、ホテルに戻り、ラベルをみて驚いた。3種類のうち、2種類のボトルに『Biodegradable』と書かれていた。そう、100%生物分解性のプラスチック、すなわち自然分解し土に戻りやすい素材で作られているというのだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

代官山に新しい自転車店がOPEN !

元気のいい自転車業界にまたひとつ動きがあった。東京のなかでも有数のファッショナブルな街=代官山に3月20日にスポーツ自転車のプロショップがオープンした。F.I.G bikeは、およそ半年前に原宿の明治通り沿いに1号店を開店、そして、今度は代官山。瞬く間に、東京の自転車ムーブメントをリードするショップに躍り出た。 代官山店は、鎗ケ崎交差…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンフランシスコの自転車店事情

サンフランシスコに滞在中、現地の自転車店を9軒まわってみた。この街を訪れるのは、もう15年ぶりぐらい。まず、街の様子が大きく変わっていたことに驚かされた。自転車レーンの充実、そして、サイクリストの多いこと。また、街もきれいになっていて、かつてのように危険な臭いのするエリアも格段に減っていた。東京よりも安全なんじゃないかと思うほど。 最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラスベガス空港より

今、アメリカにいます。まずミネアポリスに入り、4回目(4年目)になるフロストバイクというショーを見学。このショーを主催するQBPという会社がもつ『サーリー』と『サルサ』という日本でも人気のあるブランドの開発者にインタビューした。どちらも好調な売上げを維持しているそうだ。日本と同様に自転車業界は、今回の不況の影響が少ない様子だ。 このシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新規格 電動アシスト自転車の実力拝見!

電動アシスト自転車のパイオニアであるヤマハ発動機のPAS09モデルの試乗会に出かけた。ヤマハは、日本で初めて93年に電動アシスト自転車の販売をスタート。昨年末に累計100万台の販売を記録した。電動アシスト自転車の市場は、年々広がりつつあり、昨年は全メーカーの売り上げ総数が過去最高の年間31万5000台を記録したという。しかも、購入者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more